マニアック!プロのストレッチはここが違う!

ストレッチ専門店のパイオニア「Dr.stretch」。セルフストレッチ・ペアストレッチとも違う、プロのトレーナーが出来るストレッチのポイントを紹介します。

ステップ① 受け手の体を「完全脱力状態」にする

セルフストレッチの場合、伸ばそうと力を入れると筋肉が緊張(収縮)しがちです。本来ならば筋肉を伸ばしやすい状態で行うことが理想です。Dr.stretchトレーナーが行う場合、体を預けることができるためリラックス状態でストレッチを受けることが出来ます。足をブラブラ振るなどして関節周りを揺らすことで、緊張をとっていきます。

ステップ② 段階を踏んで伸ばす

柔らかくしたい!と思って頑張ってセルフストレッチをやったけど、全然柔らかくならなかった…。そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?筋肉は繊維の集合体です。収縮により筋繊維が整っていない状態でストレッチをすると、筋肉を傷めてしまったり、余計に硬くなってしまいます。Dr.stretchトレーナーが行う場合、関節を大きく動かし筋線維を整えていきます。腕を大きく回したり様々な方向へ動かすことで、伸ばす準備をします。

ステップ③ 可動域を広げる

皆さんのイメージするストレッチはここです。セルフストレッチの場合、自分の限界以上を伸ばすことは出来ませんが、Dr.stretchトレーナーが行う場合、もう少しだけ可動域を広げることにより伸び感を得ることが出来ます。①②のステップを踏むことで、ひとりでは伸ばせない深層筋(不調の原因となる筋肉)をしっかり伸ばして柔らかくすることができます。体のコリの軽減や、関節の動きがなめらかになる効果が期待できます。

まったく違う!プロの技術を一度体験してみませんか?

Dr.stretchでは独自技術「コアバランスストレッチ」をお客様一人一人のお身体の状態に合わせたストレッチを提供しています。不調の原因や正しいケアの方法、またはお客様にあったセルフストレッチの提案などもサポートさせていただいてますので、是非気になる方がいましたら一度足を運んでみてください。ストレッチを習慣化させて辛くならないお身体を一緒に作っていきましょう。

まずはお試し体験 初回限定特別プライス
関連記事