解決ストレッチ【冷え性編】

【冷え性】

体が冷えることは健康全体に悪影響を出しかねません。事前に予防する意識でセルフストレ ッチを生活の一部に入れることで、辛い冷え性とおさらば。 お風呂上がりなど筋肉が緩みやすいタイミングを狙って行うとより効果的です。

臀部(お尻の筋肉)

〈 難易度★★★☆☆☆ 〉

①椅子に座り、姿勢を伸ばす。

②あぐらをかくように片足をもう片方の足にかける。

③呼吸しながら上半身を倒す。

④お尻全体に伸び感を感じます。

左右15秒を2回ずつ行いましょう。

COMMENTS▼

臀部は全身の中でもかなり大きい筋肉です。ここが固まると血流の流れも悪くなってしまい、体が冷えてきます。

腹斜筋・広背筋 (腰部・腹部の筋肉)

〈 難易度★☆☆☆☆☆ 〉

①足の裏をつけてあぐらの体制で地面に座る。

②股関節が動かないように腰を捻る。

呼吸を止めないで左右15秒を3回行いましょう。

COMMENTS▼

体の中心である腰部〜腹部の筋肉。固まるとバランスも悪くなり、他の筋肉にも悪影響が出てしまいます。

ハムストリングス (太もも裏の筋肉)

〈 難易度★★★☆☆☆ 〉

①伸ばす側の脚を伸ばし、もう片方の脚は膝を折り曲げる。

②伸ばす側の手をすねの骨の上に置きもう片方の手を膝の少し上辺りに置く。

③なるべく背筋を伸ばしておへそを突き出すように体を倒しましょう。

左右10秒を1回行いましょう。

COMMENTS▼

ここが硬いとふくらはぎ〜お尻まで全て冷えてしまいます。呼吸を意識しながらじっくり伸ばしましょう。

股関節(太ももの付け根の筋肉)

〈 難易度★★★★★☆ 〉

①肩幅よりも大きく脚を開き、膝に手をついて腰を落とす。

② ①の姿勢から左手で左膝を外の方に開き、上体を右に捻る。左の内ももの筋肉が心地よく伸びているところでキープ。

10秒を2回行いましょう。

COMMENTS▼

野球選手などでお馴染みのストレッチ。体重をうまく使いながら内もも〜股関節を緩めましょう。

腹直筋(腹部正面の筋肉)

〈 難易度★★★★★☆ 〉

①うつ伏せに寝る。

②両手を地面につけて体を反るように起こす。

③腰に違和感がなければ呼吸を意識して行う。

15秒を2回行いましょう。

COMMENTS▼

息をゆっくり吸いながら反り、腹部の伸びと腰部〜骨盤の収縮を意識しましょう。

肩甲骨(背中側の肩部分の筋肉)

〈 難易度★★★★★★ 〉

①タオルの両箸を持つ。

②頭の上まで両腕を上げて背中側に肘を曲げる。

③肩甲骨付近までタオルが 落ちてきている状態でキープする。

10秒を5回行いましょう。

COMMENTS▼

肩こりや首こりの方も必見。強い刺激なので、無理せず呼吸を意識しながらおこないましょう。

【ストレッチを習慣化させよう】

ストレッチは習慣化させることが非常に大切です。今回紹介したストレッチを是非日常生活のちょっとしたお時間に取り入れて【冷え性】に悩まないお身体を作っていきましょう!

Dr.stretchではお客様一人一人のお身体の状態に合わせたストレッチを提供しています。今回のストレッチで伸びを感じずらかったり、他の箇所に違和感を感じた方もいらしたと思います。Dr.stretchではそういった方々の原因や正しいケアの方法、またはお客様にあったセルフストレッチの提案などもサポートさせていただいてますので、是非気になる方がいましたら一度足を運んでみてください。ストレッチを習慣化させて悩まないお身体を一緒に作っていきましょう!

関連記事