解決ストレッチ【むくみ編】

【むくみ】

代謝が悪くなり水分が溜まってしまうことで足や首がパンパンになっていませんか? 特にデスクワークなどの座りっぱなしの下半身や、うつ伏せで寝てしまったときの顔のむくみは女性の天敵ですね。座りながらでもできる『ながらストレッチ』で無理なく改善しましょう!

腓腹筋(足の裏全体の筋肉)

〈 難易度★★☆☆☆☆ 〉

①椅子に浅く座り、片膝を伸ばす。

②つま先をスネのほうに引き上げて足裏全体の伸び感を感じましょう。

左右10秒を3回行ずつ行いましょう。

COMMENTS▼

座ったままでもできるのでデスクワークの合間に。頭から腰まではまっすぐに保ちましょう。

前腕(腕の外側の筋肉)

〈 難易度★★☆☆☆☆ 〉

①肘を伸ばした状態で手のひらが下に向くように腕を上げる。

②手の甲を持ち、指先を自分の体の方向へ持ってくる。

③腕の外側にじっくり伸びを感じましょう。

左右10秒を3回ずつ行いましょう。

COMMENTS▼

意外と疲れに気づかない前腕は、実は猫背の原因にもなります。

前腕(腕の内側の筋肉)

〈 難易度★★☆☆☆☆ 〉

①肘を伸ばした状態で手のひらが上に向くように腕を上げる。

②手の平を持ち 、指先を自分の体の方向へ持ってくる。

③腕の内側にじっくり伸びを感じましょう。

左右10秒を3回行こないましょう。

COMMENTS▼

デスクワーカーはガチガチに固まっているかも!?スキマ時間でもできます!

下半身(老廃物を排出)

〈 難易度★☆☆☆☆☆ 〉

①お尻を壁につけて股関節から90°に曲がるように足を上にあげる。

脱力して深呼吸しながら、 ゆっくり30秒を3回行いましょう。

COMMENTS▼

特に下半身の浮腫が気になる夜のお風呂上がりがオススメです。

板状筋・胸鎖乳突筋(首の横、後ろの筋肉)

〈 難易度★★★☆☆☆ 〉

①背筋を伸ばして座る。

②頭を横に傾けて、傾けた方向に手でストレッチを助ける。

敏感な筋肉なので慎重に左右10秒を3回ずつ行いましょう。

COMMENTS▼

通勤中や帰宅後もスマホに夢中になって、首が痛くなったり頭痛になってませんか?ゆっくりほぐしましょう。

脛骨筋(すねの前側の筋肉)

〈 難易度★★★☆☆☆ 〉

①台に足を乗せる。

②つま先をスネの外側に向けるように足首を倒す。

③スネの外側に伸び感を感じたらギリギリまで伸ばし10秒キープする。

左右10秒ずつ行いましょう。

COMMENTS▼

筋肉の中でも疲れに気づきにくい筋肉である脛骨筋。押してみて痛気持ちよければ疲れている証拠です。

【ストレッチを習慣化させよう】

ストレッチは習慣化させることが非常に大切です。今回紹介したストレッチを是非日常生活のちょっとしたお時間に取り入れて【むくみ】に悩まないお身体を作っていきましょう!

Dr.stretchではお客様一人一人のお身体の状態に合わせたストレッチを提供しています。今回のストレッチで伸びを感じずらかったり、他の箇所に違和感を感じた方もいらしたと思います。Dr.stretchではそういった方々の原因や正しいケアの方法、またはお客様にあったセルフストレッチの提案などもサポートさせていただいてますので、是非気になる方がいましたら一度足を運んでみてください。ストレッチを習慣化させて辛くならないお身体を一緒に作っていきましょう!